バックパッカー ヒマラヤトレッキング編3

皆さん、こんにちは。(^^♪



もうすぐ2月ですね。 


2月が1年で1番寒い時期ですが、個人的には寒いのは暑いのより好きです。(´∇`)




私の住んで居る田舎町は、この時期は特に夜空が綺麗です。(寒いので長くは見ていられませんが・・・)



では、ここで学校では教えて貰えないだろう英語。




①命がけ





②ド素人





➂小麦粉



英語で何というでしょうか?


予想してみて下さいね~(^_^)ノ

























答えは・・・



①at the risk of one's life (アッㇳ ザ リスク オブ ワンズ ライフ) ザは舌先を上下の前歯で軽く噛んだ状態で発音










②Clueless (クルーレス)










➂flour (フラワー) スペルは違いますが、花のフラワーと似た発音です。



簡単でしたか?


参考にしてみて下さいね~




さて、今日はバックパッカーブログ、ヒマラヤトレッキングの続きです。(^O^)!



前回は崖っぷちのぬかるんだ道を命がけで進んだ・・・と言う所まででした。



その後、全員命がけの道を渡り終え、何とか無事にバスを乗り換える事が出来ました。



それから2時間くらいガタガタ道を進み、やっと小さな村に到着しました。



ここに来るまでに9時間のバスの移動でした。移動で1日が終わってしまいましたので、


今日はここに宿泊です。






この村の標高は、1950m。


私以外に宿泊客は3人程しかいません。(^^;   



標高が高いせいか霧が深く視界がとても悪かったです。




いよいよ明日、ここからトレッキングの始まりです。(-_-) zzz





━(゚∀゚)━!

次の日、朝7時に起床して少しの食料を買い、いざ出発です。ε=┏(·ω·)┛


最初の3時間はめっちゃキツかったです。(´×ω×`)




以前、屋久島を縦断した際に標高1936mの宮之浦岳を登りましたが、日本の有名どころの山で登山経験も


なく、山に関してはド素人です。(@_@。



そんな私なので何回も休憩を取りながら歩くこと6時間半。(-.-;)



途中、雨が降ったり、白い顔の猿の群れをみたり、レッサーパンダも見ましたが、


疲れていてそれどころじゃありませんでした。





ただただ無言でひたすら登る・・・(´△`)


やっと本日の宿、山小屋に到着。




出発の村もそうでしたが、ここの辺りもチベット人が多く住んで居るなという印象でした。



山小屋の娘さんが、晩ご飯の食材を調達してくると言って、バケツ片手に山に入って行きました。


帰って来てビックリ!!!(°д°)


バケツには、昔、白雪姫の絵本で見たような、色鮮やかなキノコがどっさり入っていました。(; ゚゚)






そして今日の夜ご飯は、このキノコ入りダルバート。







「これ、本当に食べられるんだよね???」と何度も疑いました。


「あ~、これ食べて死ぬかもな・・・ こんな山ん中じゃ、すぐに治療も受けられないし・・・」




などと考えながら、恐る恐る食べました。


お米は日本みたいに綺麗に精米されていないので、ご飯と一緒に小石も入っています。




食事は右手で手づかみで食べますから、先ず、ご飯に石が入って無いか探りながら食べます。



上手く石を見つけられなかった私は、思いっきり白い石を噛んでしまいました。(╥﹏╥)





ダルバートを食べながら、いつ毒の症状が出るかなどと考えたりしたので、ろくに味も覚えていません。





何とか食事が終わると、ガイドの友人がネパールのお酒を勧めてくれました。



小麦粉で作ったお酒だと言っていました。



アルコールは殆ど飲めないので、これまた味はよく分かりませんでした。(ーー;)




ここは高地なのでよほど晴れていないとお湯が出ないそうです。まあ、期待はしていませんでしたが・・・



電気も通っていませんので、日没と同時に就寝となりました。(∪。∪)。。。zzz



明日も引き続き登り続けます。(-o-)/





最後まで読んで下さりありがとうございました。<(_ _)>




Momo


南九州市川辺町の英会話教室 「REA」


https://www.realityenglishacademy.com


電話:090-1975-2100


メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square