バックパッカー オーストリア


皆さん、こんにちは。 (^^♪

さて、旅の続きですが、前回はブレーメンを出てハンブルク、ベルリン、そしてウィーンへ

のバスのチケットを購入でした。     ・・・移動日ですね。 ε=┏(·ω·)┛

移動中の食事はバスの中でしたり、途中のサービスエリアで購入します。

ベルリンからブレーメンに来る時もそうでしたが、やはり荷物代(1€)がかかりました。

私のバックパックは約8キロです。 念のため、寝袋持参で、衣類は3着。帽子、サングラ

ス、雨具兼防寒着、洗面具、スリッパ、筆記用具などなど・・・当時はそんなに飛行機の危

険物持ち込みの検査が厳しくなかったので、スイス・アーミーナイフも持参でした。 これ

で果物の皮を剥いたり、爪を切ったり、とげ抜きをします。 缶切りにも使ったり。 これ1

つで大活躍。 (° ꈊ °)✧˖°

さて、バスを乗り継いで早朝6時半、無事ウィーンに到着。

地下鉄を乗りて次いで、あらかじめ調べておいたユースホステルへ行き、無事、宿確保!

早朝だったからか、ラッキーだったから、連泊の予約が出来ました。(1泊17€)

朝食付きでこの値段、ヨーロッパでは格安です。 (^O^)!

ユースホステルでばったりあった日本人女性と早速、街をブラブラ。

この人も一人旅でした。長期ではなく短期でしたが。

一緒に観光地( シェーンブルン宮殿 当時は14€ )を廻ったり、名物ザッハトルテとウィン

ナーコーヒーを飲んだり久しぶりに日本語でたくさん話が出来て、貧乏バックパッカーでは

なく、普通の観光客の様な時間を味わえ、楽しいひと時が過ごせました。 v(·ε·v)  

ゥィーンの街はとっても綺麗。 そして、今まで見たどの町より居心地の良さを感じまし

た。何というか・・・町の雰囲気も治安の良さを感じました。

しかしシーズン真っただ中とあって、どこの観光スポットもとっても観光客が多かったで

す。  

思い切って旅に出た以上は色んな事にチャレンジしてみたい。 と言う事で、日本に居る時

は全く興味なかったクラッシックの生演奏を聴きに行ったり(ここに来て初めてモーツァル

トの出身国だと言う事も知りました)、

シェーンブルン宮殿にオペラを見に行ったりしました。(ジーパンで!) (´×ω×`)

この町の雰囲気で芸術に触れると、知らない私でもなんだか素敵だな~という気分になりま

した。

ここウィーンは、なんだかとってものんびり過ごしたい・・・なんだかそんな気にさせる場

所です。 (^-^)

さて、長くなりましたが、今日の学校では教えて貰えないだろう英語。

(関係ないですが、野菜からの出題)

①ごぼう

②大根

③ナス

答えは・・・

① burdock (バードック)  ㇰは強く言わない

② Japanese white radish (ジャパニーズ ワイト ラデッシュ)

③ eggplant (エッグプラント)  トは強く言わない

分かりましたか?

では、参考にしてみて下さいね(@^^)/~~~

Momo 南九州市川辺町の英会話教室 「REA」 https://www.realityenglishacademy.com 電話:090-1975-2100 メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (C) 2012 Reality English Academy.  All Rights Reserved.

Last Update: November 11th, 2020