釣具店の商品


皆さん、こんにちは。 (^^♪

先日、父の付き添いで釣り具店に行って来ました。 ε=┏(·ω·)┛

元々、祖母も父も兄2人も釣り好きで、そんな中で育った私は本来なら釣り好きになる

はずですが、実際の私は釣りが大嫌いなのです。 (><)

理由は、小さい頃からよく家族で堤防釣りに行きました。皆、釣り好きですから、

一番幼い私が竿を持たせて貰える時は、釣れなくなった時です。

釣れる時は、皆、自分がやりたいんですよね・・・ (´ε`;)

そしてバンバン釣れると下っ端の私は雑用で大忙し。

まず、撒餌(餌を糸の垂れている所に投げる)ですね。

それから釣った魚をすぐさま針を外して、それをクーラーボックスに入れる。

手洗い用の小さいバケツがあるんですが、その水が汚れると、水を捨てて、バケツ部分を海に

投げ入れ、綺麗な海水に交換します。

堤防が高ければ、水の入ったバケツを海面からロープを手繰って引っ張り上げるので、

小さい子だと結構な力仕事になります。 (;^_^

もたもたすると、すぐさま「餌がないぞ~」だの「はやく魚をクーラーボックスに入れろ~」

だの言われます。 (´Д`)

釣りに行く度に、釣れない時に釣りを体験し、何て退屈なんだと実感し、

皆が釣ってる時は炎天下の中、忙しい思いをするし・・・

幼少期にこんな体験ばかりだったので、釣りが大嫌いになりました。 (^。^;)

その代わり釣り以外のマリンスポーツは大好きですが・・・ (*^。^*)

話は戻りますが、父の付き添いで釣具店に行ったら、餌として売られていた生き物が

とても奇妙だったので、父を待っている間ずーっとそれを観察しました。

ミミズとイソギンチャクを合わせたようなその生き物は、「ユムシ」という名前でパッと見、

目が無く、口の様な穴が開いたり、閉じたりしてグニュグニュと蠢いて(うごめいて)いて

地球外生物の様でした。 (゜ロ゜)

大きさは大人の親指くらいで、色は薄いピンク色。 

姿形は奇妙ですが、玉つや肌のように滑らかな体表です。 (*゚◇゚)

別に釣りには興味が無いので、これで何を釣るのかは知りもしませんが・・・ (^^;

店内を回って他にも面白い商品があって、それは「カエル釣り用釣竿」でした。

子供の時、黒糸と竹の枝でよくカエル釣りをしましたが、この釣竿を見るまでそんな

事をやっていた事を完全に忘れていました。 (ーー;)

これはくだらないですが、どれだけカエルを欺けるか(あざむけるか)

カエル対人間の勝負です。勿論、針とか使いませんので、すぐにリリース・・・

というよりカエルが黒糸をパクっとした後に、蝿じゃないことに気付いて吐き出すん

ですが・・・ この吐き出す前に釣りあげなければならないのです。

実にくだらないですが、子供の遊びですから・・・ ^_^;

話は戻りますが、この「カエル釣り用釣竿」を結構いい材料で作っていて、

お値段も8000円位でした。 あり得ない値段ですが、その商品の前で買うかどうか

本気で迷いました。 (-。-;   買いませんでしたが・・・

せっかく思い出したこの記憶、カエルの時期になったら子供たちに教えて、

体験させようと思います。 (´∇`)

さて、話は飛びましたが、今日の学校では教えて貰えないだろう英語。

①釣竿

②カエル

➂蝿(はえ)

英語で何というでしょうか?

予想してみて下さいね~ (^_^)ノ

答えは・・・

① fishing rod (フィッシング ゥロッド) ドは強く言わない

② frog (フロッグ) グは強く言わない

➂ fly (フライ)

簡単でしたか?

では、釣具店にユムシを見に行ってみて下さいね~(@^^)/~~~

Momo 南九州市川辺町の英会話教室 「REA」 https://www.realityenglishacademy.com 電話:090-1975-2100 メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (C) 2012 Reality English Academy.  All Rights Reserved.

Last Update: November 11th, 2020