バックパッカー ギリシャ編

July 30, 2019

 

皆さん、こんばんは。 (^^♪

 

今日はギリシャ行きの船の上からです。

 

アドリア海の満点の星空を見ながら、熟睡でした。 (^-^)

 

 

朝起きて、昨日購入しておいた食料を食べながら、もし雨が降っていたら甲板しか居場所が

 

無い私を含む貧乏バックパッカー達はどうなっただろうと考えたりしました。 (゚o゚;

 

 

船内を見てみるとアジア人らしき人は、私以外誰も乗っていませんでした。 |ω`)

 

 

下船後、パトラの街に滞在するか、それとも一気にアテネを目指して列車で移動するか

 

考えました。パトラからアテネまで列車で4時間。

 

しかしイタリアから時差マイナス1時間になるので、

 

到着現地時間は午後4時20分の予定。それから列車で4時間移動すると、スムーズに行けても

 

午後9時頃。それからアテネの夜の街を宿探し・・・ (◞‸◟ㆀ)

 

 

自分の安全は自分で確保・・・ やはりリスクは冒せないので、船が到着する港町

 

「パトラ」で宿を探すことにしました。 知らない街をウロウロするには明るい時間帯でな

 

いといけません。(勿論、大丈夫なところも多いですが・・・)

 

 

色々考えている内に無事にパトラに到着。(今までの様に自分の足で国境を越えた訳ではな

 

いので、いまいちギリシャに来たと言う実感が湧きませんでした。)

 

 

早速、YH(ユースホステル)を探すと、駅から徒歩15分のとても分かりやすい場所に

 

超ボロボロのYH(ユースホステル)がありました。 (゚ロ゚)

 

 

料金はボロボロだけあって、たったの9€。日本を出てからここに来て最安値です!

 

シーツは交換済なのか不明・・・ドアにカギは無く、6人1部屋。ロッカー無し。

 

しかし、シャワーのお湯はちゃんと出ました! (^-^)/

 

玄関は24時間開けっ放しと言う事でした。 この町の治安の良さを物語っています。

 

 

早速、荷物を置いて「パトラ」の街をブラブラ。 駅で手に入れた地図を見ると、

 

観光できそうな場所は「教会」と「公園」のみ。

 

それより町の遠くにそびえる高い山が圧巻でした。 (·◇·)  

 

スイスにあるような岩肌のゴツゴツした存在感のある山・・・

 

この町に来て良かったと思えた瞬間でした。

 

さて長くなりましたが、ここで学校では教えて貰えないだろう英語。

 

 

①熟睡

 

②ボロボロ(宿が)

 

➂最安値

 

英語で何というでしょうか?

 

予想してみて下さいね~ (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

 

① slept well (スレプト ウエㇽ) ㇽは強く言わない

 

② run‐down (ゥラン ダウン)

 

➂ cheapest (チーペスト)

 

簡単でしたか?  

 

では、参考にしてみて下さいね(@^^)/~~~

 

Momo

南九州市川辺町の英会話教室 「REA」

https://www.realityenglishacademy.com

電話:090-1975-2100

メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

 

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

January 20, 2020

Please reload

Archive