バックパッカー トルコ編


皆さん、こんばんは。 (^^♪

久しぶりの旅ブロブです。

前回は、イスタンブール行きの列車に乗ったところまででした。

その寝台列車は6人1部屋で、私の同部屋の人はスペイン人の若者5人グループでした。

友達同士和気あいあいと寝台列車で旅をしている姿を見て、心から羨ましかったです。

その男女5人組の内1人「デイビッド」と言う男性と沢山話をして、意気投合しました。 (^^)

最後に一緒に写真を撮ってメール交換し、写真を後で送ると言ってくれました。

短い旅の合間に、こうやって打ち解けられる人が見つかるのは本当にラッキーでした。

デイビッドのお陰でこの列車の旅が楽しいひと時になりました。 (^-^)

さて列車はPM10:30過ぎに無事にイスタンブールに着きました。

トルコの国境で知り合った韓国人女子「ケリー」と合流し、知らない土地でこの時間に歩い

て宿を探すのはリスクがあるので、凄まじい客引きの中から1人選んで値段交渉し、

1泊10€(ダブルベッド)と言う事で決めました。 (^_^メ)

ホテルはまあまあ綺麗で朝食付きでした。これで10€は安いと感じました。

でも客引きのホテルで10€ならゲストハウスはもっと安いはず。

次の朝、早速チックアウトして「ケリー」と一緒に宿探しをしました。

最初に行くのは「ツーリストインフォメーションセンター」ですが、この時代イスタン

ブールにはありませんでした。(いや、もしかしたら見つけられなかったのかも) (><)

そういう場合は無料の地図を手に入れますが、運悪くあんまり分かりやすいのがありませ

んでした。 (><)  

しかもメイン通りには通常〇〇ストリートと書いてありますが、何故か書いてません。 (><)

道をウロウロしていたら絨毯屋さんの客引きが半端ない。 (゚o゚;

ヨーロッパでは半端ない客引きはありませんでしたので、それはそれで新鮮でしたが、

正直、いちいち相手にしていられません。

しかし中には思わずつられて客引きと話をする事もありました。 (^。^)

英語で話しかけられ、日本人と分かるとペラペラの日本語に切り替えて

「お茶飲んでって!」と客引きして来ます。 ^_^;

こっちも思わず、「ありがとう。でも今、忙しい」と日本語で返します。 ^_^;

さて、話の途中ですがここで学校では教えて貰えないだろう英語。

①寝台列車

②羨ましい

➂道をウロウロする

英語で何というでしょうか?

予想してみて下さいね~ (^_^)ノ

答えは・・・

① sleeper train (スリーパーチョレイン) パーは口をすぼめて発音

② envy (エンヴィ)このブログのシチュエーションの場合

➂ wander around (ワンダーアラウンド) ダーは口をすぼめて発音

簡単でしたか?

では、参考にして見て下さいね(@^^)/~~~

Momo 南九州市川辺町の英会話教室 「REA」 https://www.realityenglishacademy.com 電話:090-1975-2100 メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive