バックパッカー トルコ続編


皆さん、こんばんは。 (^^♪

今年も残り約2週間となり、かなりバタバタ度が増して来て、

ブロブが疎か(おろそか)になって来ています。 (ーー゛)

今日はトルコの続きです。

トラブルから知り合いになったトルコ人男子大学生二人と一緒に行動する事にしまし

た。名前は「パシャ」と「フソ」。

この「パシャ」がこの日、誕生日だったのでバーに同行する事になりましたが、

その前にこの二人とイスタンブールの街をブラブラしました。 (ง ´͈౪`͈)ว

北側の黒海、南側のマルマラ海が繋がっている 、ボスポラス海峡 を横に見ながらのん

びり散歩しました。地元大学生ですから、現地若者の色々な話を聞きながら・・・

好きな人の写真を見せてくれたり、お互いの文化の話をしたり・・・

途中、友達の1人「パシャ」が露店でサンドイッチを買っていたので、中身を見せても

らうと、「鯖のサンドイッチ」でした。食べる?と聞いて来ましたが、

「鯖」が苦手な私は遠慮しました。 (◞‸◟ㆀ)

ガイドブックを持たない私はその鯖サンドが有名なB級グルメだと知ったのは、

ずっーと後の事でした。

食べれば良かった・・・ と、今でも後悔しています。 (><)

路地をブラブラ散歩したあと、バーに行き、「パシャ」の誕生日を「フソ」と3人で

お祝いしました。 (^^)/

トルコはイスラム教ですが、若者はそんなに信仰心は無いらしく、

「今日だけはイスラム教じゃない!」などと言い合って、禁止されているビールで乾杯

し、ガンガン飲んでいました。 (゚O゚)

周りのテーブルも、どう見ても現地の人たちがビールを飲んでいました。

ここイスタンブールはそんなに宗教色が強くないのかな・・という印象を受けました。

若い二人は結局夜の12時過ぎても飲んでいました。 ( ゚д゚ )

私は昼間の散歩ですっかり疲れたので、二人に「今日はありがとう。楽しかった。」

と伝えると、「明日は観光に行こう!」と誘ってくれたので、明日の昼過ぎに

ブルーモスクで待ち合わせをし、最後に二人にビールを奢ってホテル

(ドミトリーですが)に帰りました。 ε=┏(·ω·)┛

夜中だというのに、沢山の人が道やお店に居て、全然危険を感じませんでした。 ( ·∀·)

さて、ここで学校では教えて貰えないだろう英語。

①大学生

②信仰心

➂宗教

英語で何というでしょうか?

予想してみて下さいね~ \(·o·)/!

答えは・・・

① university student (ユニバーシティ ステューデント)

 ※大学院がある大学の場合はこの言い方ですが、大学院が無い場合はカレッジになり  ます

② religious (レリジャス)

➂ religion (レリジャン)

簡単でしたか?

では、参考にして見て下さいね(@^^)/~~~

Momo 南九州市川辺町の英会話教室 「REA」 https://www.realityenglishacademy.com 電話:090-1975-2100 メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts