アメリカのバレンタインデー


皆さん、こんばんは。 (^^♪

先日はバレンタインデーでしたね。 (^-^)

私は10代の頃をピークに、バレンタインに対する情熱はだんだん薄くなって行き、

今では全く無関心です。 (^^;

さて、日本ではバレンタインに女性から男性へチョコレートをあげるのが普通ですが、

アメリカは逆です。

男性から女性にチョコレートをあげます。

でも日本みたいに、片思いの人が手作りのチョコを渡して告白というよりは、恋人同士や夫婦

間でのお祝いですね。 ~(^з^)-♡

お祝いと言っても別に休日ではありませんが・・・

因みに義理チョコもありません。

そもそも日本と違って義理の気持ちは相手に失礼になるので、その発想自体がありません。

渡すプレゼントは「チョコレート」「花束」「アクセサリー」「テディベア」などがありま

す。

余談ですが、アメリカではチョコレートもキャンディーと言います。

スニッカーズなどのチョコレートはキャンディーバーとも言います。

私も日本のお土産で「ブラックサンダー」をアメリカの知人にあげたことがあるんですが、

「あのキャンディーバー、すごくおいしい。やみつきになりそう。」と言われ、

暫くピンとこなかったです。 ^_^;

「ブラックサンダー」は似たような物がアメリカにもありそうですが、

「こんな美味しいの無いよ。」と言ってました。

気に入って貰えて良かったです。 f^^*)

皆さんも外国の方に何かお土産を渡す時に、羊羹より「ブラックサンダー」の方が喜ばれると

思いますよ。 ヾ(^。^*)  ※参考までに

さて、話は戻りますが、

バレンタインデーと言えば「ホワイトデー」。

しかし、アメリカには「ホワイトデー」はありません。 

私の個人的な意見ですが、義理の文化が根強い日本だから、きっと

「貰いっぱなしでは申し訳ない・・・」的な感情から自然と「ホワイトデー」と言う

言わば「お返し」の日があるのではないでしょうか?

さて、長くなりましたが、ここで学校では教えて貰えないだろう英語。

①情熱

②告白

➂義理

英語で何というでしょうか?

予想してみて下さいね~ (^_^)ノ

答えは・・・

① passion (パッション)

② confess (コンフェス)

➂ obligation (オブリゲーション)

簡単でしたか?

では、参考にして見て下さいね(@^^)/~~~

Momo 南九州市川辺町の英会話教室 「REA」 https://www.realityenglishacademy.com 電話:090-1975-2100 メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (C) 2012 Reality English Academy.  All Rights Reserved.

Last Update: November 11th, 2020