日本人が勘違いしやすいアメリカ文化

皆さん、こんにちは。(^^♪




今日は日本人が誤解しているアメリカ文化についてです。( ̄∀ ̄)




と、その前に、


学校では教えて貰えないだろう英語。



秋の行事編


①遠足





②運動会





➂修学旅行




英語で何というでしょうか?



予想してみて下さいね~(^_^)ノ






















答えは・・・





①school trip (スクールチュリップ)




②sports day (スポーツディ)




➂school trip (スクールチュリップ)


①と➂は同じ単語です。



簡単でしたか?


参考にして下さいね~( ´ ▽ ` )ノ





さて、


日本人が勘違いしているアメリカ文化の挨拶についてです・・・




アメリカ人の知人の子供が幼稚園で、友達の男の子に「チュー」しちゃった話です。


それを目撃した先生はその場では何も言わず、迎えに来た保護者に報告。


「あちらの文化だと思ったので、注意していません。」と・・・(; ゚゚)


その知人は唖然としたそうです。(; ゚゚)






こんな風に日本人が「文化」だと勘違いしている挨拶。




まず、「ハグ」。


映画でもよく目にする挨拶のハグ、これは本当に親しい関係のみです。(^-^;





そして「キス」。


ヨーロッパの方は分かりませんがアメリカでは、挨拶時にほっぺに「チュー」はしません。(^-^;


(※アメリカと言っても多民族国家ですから、全員がこの通りではありません。)





じゃあどういう挨拶なのかというと・・・





普通に言葉のみの挨拶、例えば・・・



私対面の場合、


「こんにちは。わたしは〇〇です。よろしく。」


「やあ、〇〇さん、会えて嬉しいよ。」的な感じが一般的です。(^O^)!



今のこの言葉の挨拶に「握手」が付いたりもします。(^O^)!







「ハグ」をするような挨拶、例えば・・・



親戚と久しぶりの対面の場合、


「おばさん、ご無沙汰しています。お元気でしたか?」


「いつも通り元気だよ。〇〇ちゃんも、元気だった? よく来てくれたね。」的な感じを


ハグしながらかわします。(〃▽〃)







挨拶以外にも、


日常のマナーの一つに、


例えば、母親が誰かとが話をしているところに「ねえねえ、お母さん、・・・」と


母親に話をしようとしたり、


大人同士の話に「あ、私、それ知ってる!」とか子供が話に入ってくる・・・



日本では普通に子供が大人の会話に入って来たり、何も言わずとも横で聞いてたりしますよね。




これ、アメリカでは厳禁です。(`_´)




もし子供がこれをやった場合、「会話中だからあっちに行ってなさい」と注意されるか


大人が子供を「無視」します。(ーー゛)




文化の違いと、一言で言ってもなかなか難しいものですが、


お互いの文化を理解しあう事は、相手を知る第一歩、お互いの文化を尊重していきたいですね。(゜-^*)/



最後まで読んで下さりありがとうございました。<(_ _)>



Momo


南九州市川辺町の英会話教室 「REA」


https://www.realityenglishacademy.com


電話:090-1975-2100


メール: RealityEnglishAcademy@gmail.com

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square